分冊百科の購入方法と解約方法

入門書

こんにちは、ローボです。

『分冊百科を買ってみたいけど、どこで売っているのかわからない』

『創刊号のみ買ってどんなものか見てみたい』

こういった疑問に答えていきます。

創刊号のみ購入する方法

創刊号のみ購入する方法は、刊行して間もない商品であれば、書店にもたくさん並んでいると思うので、書店に直接出向いて購入するのが一番です。万が一店頭に並んでいなくても刊行した月内でしたら、メーカー在庫もあると思うので取り寄せて貰えると思います。

購入時の注意点

分冊百科のビジネスモデルの性質上、生産個数が限られて来るため刊行から時間が経つにつれて希少性が上がり入手が困難になります

つまり、刊行から時間が経つほど、価格が高くなります。

例えば「週刊アイアンマン 創刊号」は、販売当初(2020.8.18)は、290円(税込)でした。

しかし、1ヶ月後の2020.9.18現在では、Amazonでの最低出品価格は980円になっています。

出品数も2点と少ないので、購入を考えている場合は、刊行されてすぐに購入する方が結局特になります。

定期購読の必要性

分冊百科は、創刊号を低価格で宣伝して購入者に認知度を上げて、その後の数巻で定期購読者数を確定してその分だけ生産し直送や書店におろすシステムで販売することで余分な生産コストを減らすビジネスモデルによって運営されています。

それゆえに、普通の週刊誌のように、発売日に毎週書店に通えば購入できるような仕組みにはなっていません。

なので定期購読をしていないと、最初の方は書店に通えば購入出来ていたけど、ある巻を境に書店では購入出来ないという事が起きてしまうので、継続しての購入を決めた場合には絶対に定期購読をしておきましょう。

定期購読を解除するよりも後から欲しくなって商品を集める方が断然難しいです。

定期購読の種類

分冊百科の定期購読には、『直送定期購読』か『書店を通しての定期購読』の2種類があります。

直送定期購読は、直接自宅に商品が送られて来る方法です。

書店を通しての定期購読は、近所の書店などに購入する旨を伝えて取り寄せて貰った商品を購入していく方法です。

直送定期購読の種類

直送定期購読の方法は4つです。

  • インターネットにからの購読
  • フリーダイヤルによる購読
  • 申し込み用紙の郵送
  • FAXによる購読

それぞれの利点・欠点についてはこちらの記事を見て下さい。

書店を通しての購読

書店を通しての購読は、書店ごとに細かい申し込み方法は異なるので、お近くの書店に問い合わせてみて下さい。

注意点としては、分冊百科は保管するのに、けっこう場所を取るのと、他のお客さんに売る事が出来ないので、

小さい書店だと確実に購入を約束し、定期的に取りに行かないと迷惑がかかるのでその点は注意して下さい。

書店とのトラブルの発生も増えているみたいです。

直送定期購読と書店を通しての定期購読どっちが良いのか

結論『直送定期購読』の方が断然オススメです。

理由は、

  • 書店に取りに行く必要がないので働いていても受け取りやすい
  • 送料無料なので購入しやすい
  • 支払い方法が選べて月毎の支払いが可能
  • Web申し込み限定の特典がある
  • 電話一本で解約可能

です。

定期購読解約方法

デアゴスティーニ お客様受注ダイヤル 0120-300-851(フリーダイヤル)

Hachette 解約ホーム

Comments

Copied title and URL